気になる相手がいたら脈あり診断を試そう

気になる相手に告白するのは、勇気がいることです。もしも断られたらと思うと、なかなか一歩が踏み出せませんよね。そんな時は、脈あり診断をして相手の気持ちを確かめてみると良いでしょう。脈あり診断とは、相手の行動や仕草などから自分にどれだけ興味があるのかを探り出し、恋愛に発展する可能性があるのかを計るものです。脈あり度が何パーセントなのかもわかり、告白するべきか様子を見るべきかのバロメーターとなります。良い結果が出たら、告白して恋人になれるチャンスも高まります。また、どんな行動が脈ありのサインなのかも、知っておくことが大切です。

知っておきたい脈ありサイン

  • 体調が悪いときに「大丈夫?」などといたわってくれる声かけ
  • ちょっとした変化にも気づき、褒めてくれるような心遣い
  • 好きといったスイーツなどを覚えていて、プレゼントしてくれる気前の良さ
  • 特別な用がないのにメールやLINEで頻繁に連絡してくることが多め
  • ほかの人と話している時よりもオーバーリアクションでの会話
  • 聞いてもいないのに色々と自慢話やアピールが多め
  • LINEやメールには短文でも必ず返事をくれる小まめさ
  • 視線がよく合う、けれどすぐにそらしがち
  • 恋人がいるのかどうかやけに気にする質問が多め
  • 将来の夢や家族のことなど、プライベートな話題が多め
男女

意中の相手を射止めたい

年齢に関係なく、結婚を意識している人も多いでしょう。特に30代前後の女性であれば、そろそろ真剣に考え始める時期ではないでしょうか。最近は、働く女性が増えた事もあり、忙しい中で出会いを見つける事が難しくなっている傾向だそうです。婚活パーティーなどのイベントや、結婚相談所が増えているのも理解できます。思い切って、そのような場に行って、素敵な出会いがあったら嬉しいです。気になる相手ができたら、まずは連絡先を交換します。その後気になるのは、やはり脈ありかどうかではないでしょうか。夢中になってしまうと、なかなか客観的に見られない事が多くなりますが、自分でも診断する方法があれば、是非ともやってみたいものです。

男性は本来マメではない

男性は女性に比べて、あまりマメではありませんし、器用でもありません。女性は、仕事をしながらでも彼の事を考える事ができます。マメに連絡を入れて常に繋がっていたいと考える人も多いでしょう。それに比べて男性は、仕事中は完全に仕事モードですし、メール等は業務連絡ツールと考えている人が多いです。しかし、そんな男性から頻繁に連絡が来たり、デートのお誘いがあれば、限りなく脈ありと診断しても良いのではないでしょうか。

2度目があるのは確実

気になる彼との初デートが楽しく過ごせたら、期待するのは2度目のデートです。男性は、少し気になる相手は、まず食事等に誘う傾向があるようです。ただ、その時に好印象でないと2度目の誘いはしないようです。当たり障りない連絡は来るけれど、なかなか誘われない場合は、キープされているかもしれません。万が一、2度目のデートのお誘いが直ぐにあるようでしたら、かなりの好印象であった可能性が高いです。こちらも脈ありと診断できるのではないでしょうか。

広告募集中